旅行・地域

2010年12月29日 (水)

神戸

年末にも関わらず仕事で神戸へ。

B7062

高台から見れば震災の跡は判らないほどに復興して

いるようにみえますが人はそーはいかず。

B7081

いろんな人がチャレンジしているようです。

B7069

とどまる人も羽ばたく人も。

B7073

神戸は大好きな街の一つです。

B7031

またゆっくり訪れたいです。

2009年11月17日 (火)

沖縄

急に寒くなってきた昨今ですが2泊3日で沖縄へ。

今回は結婚式の立会いでの沖縄行きなので自転車は

モチロン無しです。自由時間はほぼ無しっす。

B3244

自転車乗る暇が無いとどーしてもグルメ&観光に。

ブログネタも少なめです。

泊まったのは基地移設で揺れる辺野古の近所。

確かに美しいところですねー

B3286

水族館に行ってみたり

B3272

チンアナゴを見たり

B3300

海を眺めたり

B3315

浜辺を歩いたり

B3423 

魚屋眺めたり

B3426

肉屋をひやかしたりして日程終了。ちゃんちゃんsad

B3431

唯一 こだわったのは 蜂蜜。

最近では広島の物産展でもお目にかからなくなった

貴重な イジュの蜂蜜と にがな蜂蜜を沖縄に行けば

必ず寄る国際通りの蜂蜜屋に行って購入。

クセがあって病みつきになるんよ・・この蜂蜜。

蜂蜜だけ握り締めて広島へと飛んで帰りましたとさ。

2009年5月27日 (水)

出雲出張

チョイと出雲の国に出かけました。 出雲のメジャー処を巡って

来ましたが例によって本編画像は無しですm(. ̄  ̄.)m

B4178

エイリアンの干物です。食べれるのかなぁcoldsweats02

B4225

色がとっても綺麗。 カメラのカタログとかによく使われる

撮影例の色の配色ですなcoldsweats01

B4242

正統派の海猿です。

B3591

帰り道に良い芝スラロームコース発見。

今回はバタバタして乗れないかとおもってましたが

30分ほどだけ遊べました。

B3589

コース上にはキイチゴが沢山!

B3590

滑るけど楽しいーサスなくても楽しめますがコーナーは

難しいです。

B3594

さてココは何処??bleah

2009年4月10日 (金)

一人でお花見

夕方に時間が取れたし青春18切符が1回残ってたので

桜の名所、錦帯橋に行ってみようとJRに飛び乗りました。 

B3084_2

今日は新・市民球場の初試合の日でこんなヘッドマークついた

車両も走ってます。このスタジアム愛称は好きじゃないけど・・

B3102

夕方の岩国市・錦帯橋は散り始めの桜がとっても綺麗!

日本酒片手に歩くとカップ酒に桜が浮かびます。

とっても風流っす。

B3098

足元はピンクの花びらで敷き詰められ風に舞って

はらりらはらりと降り積もります。

B3116

錦雲閣は人影もなくひっそり綺麗です。

B3124

一人しみじみと桜を眺めます。 こんな小旅行も

なかなかオツなもんですね。

B3106

桜が終われば冬物を仕舞います。

いいですねー日本の春。明確な四季があるのはありがたいことですね。

2009年2月 9日 (月)

宮島(弥山ハイク)

ちょいと思うところがあって世界遺産の宮島へ。

お参りと弥山に弾丸登山など・・

お昼過ぎに出たので着いたのは14時頃。

B1935

今日は少し霞んで遠景は望めません。

B1955

厳島神社では挙式が行われていて、国宝の高舞台で

陵王(りょうおう)が舞われていました。

コレを奉納するとはなかなか豪勢な挙式です。

B1962

真言宗のお寺である大聖院です。

登山道はこのスグ横から伸びている大聖院ルートから

上がっていきます。

B1967

水害で谷は大幅に崩れましたが現在は復旧してます。

相当激しくやられたんですねぇー

B1969

弥山(みせん)に向かう道は原生林の中を進みます。

ひたすら階段ですー

B1972

大聖院ルートは比較的眺めがいいですし厳島神社を

参拝してから登るには最適ルート。

B1979

45分ほどで山頂下の干満岩に。

B1977

よく見えませんが中に水があり潮位に連動して

上がったり下がったりするそーな。

現在下げ5分、水も5分でした・・不思議ー

B1980_2

弥山山頂535mだそーですが記述によってさまざま。

GPSでは529mでした。

B1981

やっぱ霞んでますねーコントラスト上げてもコレが

限界です。

B1997

霊火堂 中には1200年燃えてる消えずの火が

あります。

蝋燭とお線香奉納します。

そして紅葉谷ルートを一気に下山しました。

B1998

往復で2時間ちょいくらいのお手軽登山。

もう少しヌケの良い天気だったらよかったんですがね。

2008年11月22日 (土)

熱気球

岡山でお仕事の近くでバルーンフェスタをやってたので

抜け出して覗いてみました。

Amg_9091b

少し風が強いですが青空にぽっかり浮かんだ気球は

のんびり感があります。

Amg_9071b

残念ながら強風の為レースは中止。

体験乗船のみとなりました・・

Amg_9088b

グライダーも飛んできます。

音もなく接近、旋回する美しい機体はセクシー。

Amg_9099b

ここで珍しい現象が・・見ている観客は気球みていて

気づきませんが反対のそらには「幻日」と思われる

現象が・・・

Amg_9103b

ちゃんとデータ通り22度離れた位置で明るく光ってます。

数分で消えてしまいましたが虹色に輝き綺麗でしたよー

2008年10月 6日 (月)

高松へ

ココ最近 四国にというか香川に出張が多い。

Amg_0293b 日曜は豪雨、仕事は室内ななので

良かったけど移動が大変でした。

晩飯も雨の降り込まないアーケードの

中で寂しく食事。

「赤玉ホール」でワインとおつまみ

なかなか小ネタの効いたおつまみが

多く値段はかなり安い。

雨もまったく弱くならずバーに行く気もなくなり撃沈。

Amg_0287b そのかわり朝早く起きたので

栗林公園へ。想像以上に広い

庭園で朝飯にお団子などを。

鯉が凄いです。

どさくさに紛れて鯰も。

昼飯は「さくらや」でうどん。

Amg_0334b 屋島の名物「瓦投げ」といっても

日本中あちこちにある瓦投げと

同じですが海に向かっての標高差

があるので「投げた感」は

抜群のようです。

Amg_0349b

屋島の猫です。大量に生息中。

お仕事終了後 近所の「わら家」に

よって 再びうどんタイム。

お仕事終了。

時間があるので少し散策する

Amg_0350b ためにレンタサイクルを借ります。

高松市営のレンタサイクルは一日

なんと100円!しかもサイクルポートが

市内のアチコチにあり乗り捨て自由。

まぁ自転車自体はイマイチ整備は

行き届いてないのでホイルが振れて

いたりしますが実用に問題なし。

利用価値大ですねー

Amg_0360b これ一台で市内観光やうどん巡り

屋島程度なら十分な守備範囲です。

この灯台、硝子製で夜は全体が光り

とても綺麗です。

しかし昨日は豪雨で撮れなかった。

白灯台は地味で小さい灯台です。

高松は駐輪場も多く自転車に

Amg_0253b 入れ込んでるみたいですね。

これは自動・立体式の駐輪場。

自分で愛車のサイズを測り

入れば穴に吸い込まれ

また、出てくるという不思議なマシン。

何箇所かありました。

うどんマップ、駐輪マップなどもありなかなかの手厚さ。

Amg_0375b 帰りは経費節約で国道フェリーで

帰ります。

このフェリーはお風呂もついてるので

釣りや自転車の帰りにはいいですね。

海風は涼しく快適です。

西日が瀬戸内を照らします。

昔は鉄道連絡線でしたがその時代に

Amg_0378b 乗ってみたかったです。

今回のお土産はコレ!

DF50通称ゴーマルのチョロQ。

その昔 全国のDF50を撮影すべく

一人旅続けた事があります。

その中でも四国・予讃線はトップNoの

DF50-1がいる事で有名でした。

Amg_0383b 今では考えられませんがその

DF50-1の中に乗せてもらい30キロ

録音及び撮影させてもらった高校時代

は今でも鮮烈に記憶に残ってます。

初期タイプの小豆色と2色発売されてますが私にとっては

やはり赤です。

2008年9月 1日 (月)

琴平・岡山へ

岡山で仕事があるので抱き合わせで香川県の琴平へ。

Ascf3236b 特急・南風3号はアンパン列車で

指定席は壁面・天井・広告スペース

全てアンパンマンのキャラです。

スタンプラリーやってるみたいで

車内は子供連れで大繁盛。

車掌がアンパンマンかジャムおじさんで来るのかと

Ascf3240b 期待しましたが普通の車掌・・

しかーし!検札印をみると

アンパンマンに!

なかなか小ネタが利いてます。

車内チャイムもアンパンマンです。

Ascf3246b 小雨の降る中785段上がって本宮へ

朝まだ観光客の少ない時間帯は

でシットリ濡れた石段は犬の毛の

ような優しい香り。

傘は必要ない程度の霧雨です。

ただし滑るので要注意!

本宮まで上がってお参りして

今回のお目当ての金比羅狗とおみくじを。

Ascf3253b おみくじは「大吉」!おおぉと

思ったけどそんなにハッピーな

事ばかり書いてある訳では

ありませんでした。

お財布に入れる金の金比羅狗

が中に入っています。

再び長い階段を下りて参道を抜け

商店街の中の茶店「へんこつ屋」で

お抹茶とへんこつ饅頭、栗ようかんをパクパク。

Ascf3269b 落書き部屋と言われる部屋があり

半紙に適当に落書きして貼って帰る

部屋で抹茶とお菓子を頂きます。

それにしても凄い量ですねー

墨の香り良く、ぐちゃぐちゃの部屋の

割には落ち着く空間になっています。

ここで こんぴらさんの縁起物

Ascf3267b こんぴら狗を出してみる。

超カワイイ! 主人の代わりに

金比羅さんに代参したという

えらいワンコ。

柴犬好きとしても柄はともかく

プロポーションは非常に良く

デザイン的にもかわいいぃ。

Ascf3272b 琴電で高松へ。

いまだ検札鋏使ってるのね・・

私も1本持ってますが(なぜか・・)

久々にパチン!というリズミカルな

音を聞きました。

Ascf3276b しかも屋島まで乗り越したので

車掌に追加を聞けば20円

わざわざ車内補充券ですか・・

なかなかレトロですなぁ

その後、フェリーで岡山へ。

翌日は朝からお仕事で14時終了し自転車仲間に

Ascf3297b 後楽園で遊んでもらうことに。

何度も岡山に行ってるのに

行ったこと無かったんですが

すごく広いんですねー

のんびり茶屋でくつろいだり

するには最高です。

もう少し涼しい方がいいですが

夕方にはいい風が吹いてました。

Ascf3307b 地ビールでは老舗の独歩。

喉も渇いたのでぷはーっです。

今回も、せんせーとほーみーさんに

大変お世話になりました。

夜もガンガン食べてバスの人に。

ありがとうございました!heart04

広島ー岡山2000円。お手軽です。

Ascf3315b

2008年8月13日 (水)

別府へ

九州続きの最終旅は大分・別府です。

Amg_0006b 夏真っ盛りの海は青く濃く

湿度は少なめで快適な周防灘。

しかしフェリーは超満員でなぜか

ラテン系外国人が山盛りです。

日本人より多いくらいで

外国航路みたい・・・

今回は撮影ネタが少ないので

変わった物のみをピックアップ。

Amg_0037b 秘宝館発祥の地?と胸を張る

別府、さすが観光ツアーにも

組み込まれています。

入りたかったけど時間の都合で

泣く泣く諦め。

Amg_0038b 地獄めぐりにはワニやらカバやら

ドサクサにまぎれて展示されてますが

なにも人喰魚呼ばわりしなくても・・

古い温泉地らしくて良いですねー

まだまだあります・・

Amg_0043b 一応これも鏝絵(こてえ)に

なるんでしょうかねー

血の池地獄の漆喰。

まぁひらがなで「ち」よりは

いいですけど・・・

Amg_0042b 別府にはショッカーのアジトも

あるようです。

でも子供にショッカーが

判るのか・・?

完全にオヤジ狙いですかねー

ショッカーがメインってーのも

なかなかE-!ですね。

これも時間の都合で行けず・・

Amg_0062b 看板もレトロ感が漂い

良い感じです。

指宿には遥かに負ける雰囲気で

やはりここにも別府が苦戦する

理由が見えますがここにいると

気づかないんだろなぁー

Amg_0124b ただし素晴らしい物もたくさん。

やはり温泉は凄い。

古い温泉が超沢山現役で値段も

無料ー100円前後と格安、泉質も

申し分ない素晴らしさ。

Amg_0113b 地区民の為に作られた温泉が多く

公民館に併設されてるもの多い。

ここは基本無料ですが入浴料の

代わりにお賽銭をお薬師さんに

収めてチンチンしてから

Amg_0111b 入らせていただきましたが

シンプルなお風呂に

濃厚でやや熱めのお湯は

本当に心地良い。

こんなお風呂が市内に

無数存在するみたい・・

とても全ては回れません。

Amg_0106b 岩の隙間からは硫黄が染み出し

黄色い湯の花の結晶を作って

います。 

温泉装備の家も多く庭から

湯気が立ち上る家も少なくないです。

Amg_0099 地獄プリン・・・・濃厚で美味いです。

地獄蒸し芋・・・・・芯まで甘いです。

地獄ピータン・・・ゆで卵とあまり?

まぁいろんな地獄商品が多い事。

ほんの一瞬 湯布院にも

立ち寄りましたが印象は綺麗すぎて町並みは

Amg_0085bつまらない普通の観光地。

ショックを受けるような事案は

ありませんでした。

コーヒーは美味かったけど。

Amg_0078b

2008年7月23日 (水)

鹿児島へ

熊本の次は鹿児島です。 今回はお仕事なんです。

Ascf4562b_2 夕方仕事が終わって晩飯の前に

目の前の桜島に向かうフェリーに

乗れば桜島は大雨の雲にすっぽり。

替わりに虹が山のように半円に

架かっていてとても綺麗ー

Ascf4572b_2 上陸して少し内陸まで歩く頃には

雨も上がりムンムンしてますが

山の全容が見えてきました。

頂上にかかった雲は取れない

けれど見るからに溶岩出します!という雰囲気。

Ascf4580b_2 広島じゃ珍しくもない潜水艦ですが

他の地域で見るのは初めてです。

船の交通量の多い場所でグルグルと

回頭してましたが何ででしょう?

Ascf4583b_2 ここのフェリーは常時ピストン24時間

営業の大型フェリー。しかも車は満載

瀬戸内海のフェリー屋に見せて

あげたいくらいの繁盛ぶり。

まぁグルッと回ること考えたらフェリーの方が

いいですけどねー

Ascf3016b_2 朝起きてTVつけると見慣れない

天気予報が。

桜島の風向きが出るんですね。

これで洗濯物出したり入れたり

するんでしょうか?大変だなぁ。

Ascf4657b_2 JR九州の企画切符を購入

「指宿・知覧散策きっぷ」2800円

バス券、JR券、指定券のセット。

「なのはなDX8号」を指定して

鹿児島中央駅から知覧に向かうバスに乗り込みます。

Ascf4613b_2

知覧武家屋敷群を歩いてみます。

名前から想像してたのは白壁の

街でしたが どちらかといえば

琉球ちっくな風情の町で石垣と

高い垣根が美しい町でとても綺麗です。

Ascf4592b_2 何処にでも落書きバカはいるもので

ここの土壁にもくだらない名前が沢山

あります。。

ゴッツイ罰則って・・・気になるな。

Ascf4629b_5 普通の住宅地も歩いてみれば

やはりこんな感じで延々と夏の日差し

が良く似合う静かな町。自転車で

ゆっくり走ってみたいなぁー

とても悲惨な歴史を持つ町とは思えない。

Ascf4622b_3 鹿児島でお茶といえば知覧茶。

お茶が有名なので茶店で

知覧茶と「あく巻き」を頂きます。

これは大きなワラビ餅みたいな

もので笹にくるまれて粽のような

形で 風の通る縁側で頂く上質の

オヤツは旅情あふれるひと時。

お茶もちゃんと蒸し入れてくれて

非常に甘く香り高い良いお茶でした。

Ascf4639b_2

こんなにドボドボださなくても・・

・・と思うようなモニュメントを

過ぎると笑えないエリア、今日の

メインの「知覧特攻平和会館」

本州最南端で最大の陸軍飛行場。

広島・江田島の資料館は海軍の

物がほとんどでしたので此方も

見ておこうとやってきた次第。

Ascf4645b 驚きました。資料のレベルが江田島

の比ではない圧倒的迫力です。

原爆の悲惨画像を見慣れてる?

(変な表現ですが・・)私でも心痛む

ものでしたし考える事多い いい資料館です。

変に説教臭くも無く淡々と事実と隊員の生き様が描かれ

来た人各々が解釈できるように仕向けられてる

膨大な資料や遺書は重いですが時間を掛けて見て

良かったです。 自殺したい人はマズここに行くべきですね。

ここの資料を半日かけて熟読し、語りべの話を聞いてから

でも遅くはねーよ・・と思う事しきり。

Ascf3025b とかなんとか言ってシンミリしたのに

知覧出て2時間後にはコノ有様・・

指宿といえば砂蒸し。砂浜で入る

ツワモノも居ますが暑すぎて無理。

おばちゃんに写真頼んだらチャンと

傘まで立ててスタイリングまで

して激写してくれました。

砂から出た後の女性の浴衣姿はかなり

Ascf4646b 刺激的で私ならずとも おおぉと

うなってしまう雰囲気。

でも埋まってる姿は皆一様に

バカっぽい感じが笑えます。

砂浜と海の境目では80度近い

お湯が海に流れ出ていて裸足では

歩けないです。

しかし街は寂れ少し物悲しい

雰囲気のする指宿温泉街。

Ascf4663b 駅前もシャッター通りになっていて

その昔 高校生の頃 一人旅に

きたときは凄い賑わいだったのに

主導権が車になると寂れるのかな。

特別快速「なのはなDX」は先頭は指定席。

私ともう一人オッサンの2人だけ。自由席は超満。

企画切符の恩恵とはいえ

申し訳ない雰囲気でもあり安っぽい

優越感が無いわけでもないという

ひねくれた気持ちで海を見ながら鹿児島中央駅へ。

より以前の記事一覧