« 影ちらり | トップページ | ツール・ド・下関 2008 »

2008年11月 3日 (月)

関門海峡巡り

11月3日にツールド下関に参加するので1日早くでて 

Amg_0775b 関門海峡ポタなんぞをしてみました。

ポタリング用に山サイ用MTBを装備

本当はMR-4がいいんですが

ドック入りなんで急遽代役。

比較的朝早くの下関はまだ人は

まばらで駐車場もガラガラ。

朝ごはんでも食べようと有名な唐戸市場にGO

Amg_0777b ここはちゃんとした市場なんですが

場外が発達してほとんど観光市場に

なっています。朝早いので観光客も

少ないだろうと思ったら大間違い。

中は凄い人で熱気ムンムン。

Amg_0789b 獲れたての新鮮な魚介類が大量に

並び、それを料理したものも数多く

販売されていてメインは御寿司です。

回転すしのように安いわけじゃ

ないんですが雰囲気と味のよさで

バンバン売れていきます。威勢もいいですし。

Amg_0785b とりあえず朝ごはんを・・地アジ、

長門イカ、地穴子の寿司、

ふぐから揚げ、ふぐコロッケ。

美味しいっす。

まだ食べたいモノがあったけど

朝からそんなに生ものもキツイのでそこそこに・・

Amg_0799b 天気は残念ながら曇りベース。

時々日差しが漏れてくる程度ですが

光が落ちるととても綺麗。

狭い水道に大型船や漁船がひしめき

大潮で流れも激流です。

Amg_0805b さてこの人は誰でしょう・・

教科書に必ずでてきますねー

1550年秋に下関に来たんだそうです。

結構知らないことも多い下関。

イメージが河豚しかなかったもん。

長州の大砲やらなんやらもあり

うまく観光に結び付けています。

若い市長ですが頑張ってますねー

Amg_0811b 関門トンネルを通るために

人道口を目指します。

途中、関門橋の下をくぐりますが

潮の早いこと・・・

まさに激流ですねー落ちたらすぐに

流されてしまいそうです。

波止場ではグレが沢山釣れてました。

Amg_0924b_2 関門橋の下では怪しげな紙芝居

なども上演中。

無料で1人でもおじさんが怖い

怪談話を壇ノ浦を前にして

語ってくれます。琵琶はないですが・・

Amg_0827b 自転車は20円払ってエレベーターで

地下に降ります。

ここは押さないといけないので

ビンディングぺダルはキツイですね。

真ん中に県境があります。

Amg_0851b_2 エレベータ上がればソコは九州。

少し走ればレトロが売り物の門司港に

到着します。

一日何回か跳ね橋があがったり

してコチラも観光には気合が入って

おり町並みもやり過ぎくらいに

綺麗になってます。

Amg_0858b 個人的には裏のひなびた倉庫や

誰も人がいない商店街などが

旅情をそそるんですが今回は

コテコテに観光を。

しかし門司レトロエリアは男一人で

来る場所ではないような気がします。

いまひとつ居心地が悪い・・

Amg_0865b 門司はバナナの叩き売り発祥地。

当然のことながら実演販売もあり

本当に叩きうっています。

でも門司観光に来てバナナ買っても

なぁーという気も・・・

Amg_0880b 男一人でもそれなりに楽しめる

鉄っちゃん鉄子向け施設。

鉄道好きにはたまりませんな。

ここでじっくり時間を使い

再び関門トンネルを通りお宿へ。

Amg_0881b しかし日曜ゆえ良いバーは全滅。

唯一開いていたJAZZバーで3杯ほど

飲んですぐに寝ちゃいました・・

町自体の大きさはやはり小さいなぁ。

まぁバーもソコソコレベルは3軒くらいは

ありそうなんですがねー

Amg_0887b Amg_0877b Amg_0890b Amg_0892b

« 影ちらり | トップページ | ツール・ド・下関 2008 »

自転車(山口・岡山)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。