« 2008年度 「明魂」 | トップページ | 影ちらり »

2008年10月26日 (日)

島根・吉賀町-津和野

紅葉にはまだ少し早いんですが今度は山口県といつも

間違われる旧・柿木村と津和野は島根県です。

Amg_0684b 道の駅・かきのき から日原を目指し

国道187をガンガン下ります。

途中のトンネル連続区間は旧道に

入れば静かな川沿いの道になり

非常に快適な高速コース。

Amg_0693b 日原まで出ると国道9号線で南下

ですが交通量が多いので川の反対の

小道を行きます。このあたりはGPS

を頼りに少しでも国道に出ないように

JR山口線に沿って裏道ライド。

Amg_0697b 津和野が近づいてくると茶畑が

あちこちに出てきます。

険しい急斜面に段々畑でお茶の栽培

をしています。

よーくみると白いものがチラと。

Amg_0694b 花が咲いているようです。

ツバキの仲間の茶の木は花も

やっぱりツバキに近いんですねー

茶の花は咲いてるの初めて見ました。

ただしあまり優雅でもなくすぐに

茶色くなり落ちるようです。

Amg_0704b 山口線は土日にはSLやまぐち号が

走っています。お昼過ぎに津和野に

汽笛も高らかに到着します。

やっぱり迫力ありますねー

煙の匂いと蒸気の音が素敵です。

やまぐち号は津和野までで

ここで給水しまた夕方になれば

Amg_0745b また山口方面に帰っていきますが

しばらく急速。

この写真撮ったあと悲劇が・・・

とても写真は載せれません

シューズ裏を小枝でグリグリ・・

やってしまいました油断してました。

通気穴のところじゃないけど

食い込みまくり・・うげっ。。。ホジホジ・・ボトル水・・ホジホジ

30分のむなしいひと時。観光客の視線が痛い。

Amg_0738b こういうツイて無い日は教会へ?

津和野のカトリック教会です。

幼稚園を兼ねてますがとても

素敵なつくりですね。

白壁の和風地区のど真ん中に

ドン!とそびえる教会は

ナカナカの迫力です。

中も見学させてもらえます。

Amg_0733b 内部はなんと畳敷きです。

和洋折衷ですが妙に落ち着く

空間になっていてステンドグラス

から落ちる光が気持ち良いです。

丁度雲っていた空も日差しが

戻ってきました。

Amg_0714b 津和野は萩とかと同じ「小京都」と

呼ばれるジャンルの町なので当然

鯉のいる水路も付き物です。

丸々太って美味しそうです。

チョッとこっそり竿を出したい衝動に

駆られます・・・

良く引きそうー

津和野を離れて本日最大の登り。

Amg_0751b 同じく日本中にある「なんとか富士」の

仲間で石見富士といわれる青野山は

トロイデ式休火山で地形図で見ても

綺麗な円錐形をしています。

このあとは激坂を越えて柿木村まで

ガンガン走ります。

Amg_0766b 吉賀町に咲いてた蕎麦の花。

普通は白いんですがこれは赤い花。

紅蕎麦といわれている蕎麦。

一面にレンゲの花のように風に揺れ

Amg_0773b 赤い花が日暮れの畑を波のように

揺れていきます。

明るく見えますがすでに薄暗い

時間になってきました。

気温も下がってきたし汗もかいた。

Amg_0754 温泉ですな・・・

柿木温泉はとの湯荘。

非常にいい温泉で鉄分、カルシウムの

多い塩化物炭酸水素塩泉。

非常に温まりお肌に最高。

色はま茶色のお湯ですがトロリと気持ちいいです。

Amg_0756b お土産に怪しいシイタケと

焼き栗を買いました。

しかしまーこれが美味いですわー

なんでトムトムなんだろう???

とはいえこの村の農産物は本当に美味しい!

特に卵と棚田米は最高です。

Amg_0758b_2 本日はなんだかんだでポタになって

しまい実走距離も60キロ。

あまり練習にならず・・

しかし秋の一日は堪能できました。

ウンも付いたし・・

本日のコースは・・

http://route.alpslab.jp/watch.rb?id=5c20c25619df5e5722e2716898758690

« 2008年度 「明魂」 | トップページ | 影ちらり »

自転車(島根・鳥取)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。